ドン ぺリニヨン(Dom Perignon)という銘柄名は、シャンパンを発明したとされるベネディクト会の修道院ドン・ピエール・ペリニヨンにちなんで名付けられました。その修道士が、発酵中のワインを瓶詰めして放置したところ、偶然シャンパンができたといいます。

他の多くのシャンパンは、様々な年に収穫されたブドウを原料にして醸造されます。これに対し、ドン ペリニヨンは、同じ年に収穫されたブドウのみが使われて醸造されています。ヴィンテージ・ワインであります。また、当たり年のブドウのみを使用して醸造され、7年から8年の熟成を経たシャンパンのみが、ドンペリニヨンの銘柄で販売されます。このため、2008年現在2000年のヴィンテージが最も新しいのです。

ドン ペリニヨンは、シャンパンとしてはかなり高価です。ドン ペリニヨンのロゼは、俗にピンク(ピンドン)と呼ばれ、特に高価で販売されています。バブル期の日本では一部の成金の間で「ロマコンのピンドン割り」(高価な赤ワインのロマネ・コンティをピンクのドンぺりで割る)という飲み方が流行ったとされています。

 
ログアウト
メニュー

【大注目】 ドンペリニヨンヴィンテージ白 箱ナシ 並行品 1本 【RCP】

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

【大注目】 ドンペリニヨンヴィンテージ白 箱ナシ 並行品 1本 【RCP】

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報